製薬会社の薬剤師の求人を選ぶ時に重視すべきことは

製薬会社では薬剤師の資格を持つ人材を積極的に採用しているところが多くあり、新薬の開発や医薬品の営業など様々な部署で活躍が期待されています。そうした中、薬剤師として同じ製薬会社で長く働くには、就職活動中に専門的な業務を通じてキャリアアップを図れるところや、給料や休暇制度など待遇がしっかりとしているところを探すことが重要となります。

キャリアを重視する人は専門性が高い業務を担当できる製薬会社がおすすめ

薬剤師の有資格者の募集を行っている製薬会社は全国に多くありますが、就職後に順調にキャリア形成をしたい人は、専門性が高い業務を担当できる会社の求人を選ぶことが大切です。特に、調剤業務や新薬の開発、医薬品の営業などの仕事上の様々な場面で専門性が求められる現場で働くには、時間をかけて複数の製薬会社の職種や仕事内容などを把握する必要があります。

最近では、入社後に個々の薬剤師のキャリアアップをサポートするため、定期的に業務研修を行ったり、希望に応じて配置転換をしたりしている会社も少なくありません。また、自分の過去の経歴や得意分野などを生かせる職場を見つけるうえで、早い時期から色々な製薬会社の採用担当者と接触をすることがおすすめです。

大手の製薬会社の中には、一定の実務経験を持つ薬剤師を高待遇で受け入れたり、中堅社員の教育を強化したりしているところもあり、長期にわたり満足のいく待遇で働き続けることが可能です。なお、キャリアアップに必要な期間については、配属先や日々の主な役割などによって大きく異なるため、就職後の問題を防ぐうえで、採用面接の際に担当者に直接相談をしてみると良いでしょう。

新薬の開発に携わりたい人は製薬会社の研究環境に注目しよう

製薬会社に入社した後に主に新薬の開発に携わりたい人は、求職中に研究環境がしっかりと整っている会社を見極める必要があります。たとえば、研究開発費が潤沢な製薬会社においては、新人からベテランまで様々な立場の薬剤師が活躍するチャンスがあるため、積極的に条件が良い求人に応募をすることがおすすめです。

また、採用試験に向けて、製薬会社が過去に開発した医薬品の種類について詳しく調べたり、実際に研究職として長く製薬会社に勤めている人に就活のアドバイスを聞いたりするのも良いでしょう。製薬会社によっては、優秀な薬剤師を採用する目的で、研究所の見学を受け付けているところもあるため、気になる会社があればいち早く見学の手続きを取りましょう。

一人前に新薬の開発のために必要な知識や技術が身につくまでには長い期間が掛かるため、仕事上でベテランの薬剤師のサポートを受けられるところや、数か月おきにセミナーや勉強会などに参加できるところを就職先に選びましょう。

その他、製薬会社のホームページや求職者用の資料などには、新薬の研究の実績について様々なデータを交えて紹介されていることもあるため、本格的に求人選びを始める前に重要な情報をひと通りチェックしておきましょう。

新人からベテランまで研修の機会が用意されている製薬会社を探そう

製薬会社で専門性の高い業務をスムーズにこなすには、新人からベテランまで個々の社員の経歴や能力に合った研修の機会が用意されている製薬会社を探すことが肝心です。薬剤師の人数が不足している製薬会社の中には、従来よりも研修期間を延長したり、個別の研修プログラムを作成したりしているところもあるため、時間をかけて就職先の候補を見つけましょう。

また、将来的に製薬会社の中で経験を積んで管理職を目指したい人は、調剤業務をはじめとした薬剤師の専門的なスキルばかりでなく、対人コミュニケーションやメンタルヘルスも同時に学べる会社を選ぶと良いでしょう。製薬会社の研修の良し悪しについては、経営方針や人件費の予算などに大きく左右されるため、信頼できる情報源を使って各社の大事なポイントを押さえておきましょう。

なお、多忙な部署で薬剤師として働く場合には、社内で研修を受ける機会が限られてしまうこともあります。

そのため、仕事終わりや休日などの空いた時間を利用して、外部の医療機関や研修施設などで行われている薬剤師を対象としたイベントに顔を出すのもおすすめです。

キャリアに自信がある人は医療系の人材紹介を専門に行っている会社に職場を紹介してもらおう

キャリアに自信がある薬剤師が条件の良い製薬会社の求人を選びたい場合には、医療系の人材紹介を専門に行っている会社に相談をするという方法もあります。たとえば、大手の製薬会社で様々な種類の新薬の開発において成果を上げた人や、社内の研究所で管理職を務めたことがある人などは、好条件で採用してもらえる可能性が高いため、積極的に人材紹介会社にサポートをお願いすると良いでしょう。

大手から中小まで医療系の求人紹介の実績がある人材紹介会社の中には、ベテランの薬剤師だけが応募可能な非公開求人を扱っているところも少なくありません。そこで、基本給やボーナス、各種手当などの給料に関することはもちろん、休暇制度や福利厚生などにもこだわって職場選びをしたい人は、人材紹介会社の担当者のアドバイスを聞きながら、じっくりと非公開求人に目を通しておきましょう。

過去に製薬会社に勤めたことがない人は、自分の経歴とマッチする会社が見つかるまでにある程度の期間が必要となることもあるため、継続的に信頼できる担当者に相談に乗ってもらえる人材紹介会社を見極めることが肝心です。

外資系の製薬会社を選ぶ際は将来の海外転勤の有無についても調べておこう

外資系の製薬会社の薬剤師の求人を選ぶ際は、年齢や実務経験、能力などによって将来的に海外転勤を命じられることもあるため、求職中に転勤の有無について調べておくことが大事です。特に、国内外に多くの支社を構える製薬会社の中には、社内の薬剤師のキャリアアップの一環として、数年間の海外赴任を義務付けているところも少なくないため、マイホームを購入する計画がある人は、新居を構えるタイミングをじっくりと判断することがおすすめです。

また、営業職や総合職として製薬会社に就職をする場合は、他の部署と比べて海外転勤の機会が多くなる傾向があるため、いつでも自信を持って転勤ができるように、早いうちから英会話を学び始めたり、コミュニケーション能力を鍛えたりすることが肝心です。

その他、海外転勤中の待遇については、薬剤師の実務経験や赴任期間などに大きく影響を受けるため、高収入を希望する人は複数の製薬会社の資料を参考にして各社の薬剤師の平均的な給料を把握しておきましょう。

参照>求人薬剤師|https://www.apo-mjob.com/